名古屋の結婚相談所TOP » 体験談から学ぶ HOW TO 結婚相談所【名古屋編】

体験談から学ぶ HOW TO 結婚相談所【名古屋編】

結婚相談所は上手に活用しないとお金の垂れ流しになりかねません!ここでは実際に婚活を経験して幸せを勝ち取った方に、各ステップでの活動の極意を教えてもらいましょう。また、成婚後に控えている結婚式について、名古屋流は今も健在なのか?を聞いてみました。

入会から成婚まで、結婚相談所のノウハウ

(1) 入会前にきちんと下調べ、分からないことは直接聞く!

相談中の画像

『とりあえず大手を選んでおけばよいかと思ったが、活動スタイルが全く自分に合わずお金と時間の無駄になってしまった』
『入会しようか悩んでいて、無料相談に行きました。一方的な押し売りではなく私の今の状況を踏まえて自社サービスの話をしてくださり、ここならお任せしても大丈夫そう、と感じました。』

名古屋には大手、小規模、個人運営などいくつもの結婚相談所があるので迷ってしまいます。そこで、相談所を比較する前に、まずは自分が希望する婚活スタイル・お相手への希望を考えてみましょう
「恋愛経験が乏しく、丁寧なサポートが欲しい」ということであれば、手厚いサポートを主軸に。
「恋愛経験は豊富なので、出会いの場が欲しい」という方は会員数や月の申込数が多いところを。
「忙しくて自ら活動できない」「ダメな人にひっかかる確率が高い」という方は、自分をきちんと見てお相手を選定してくれるところを選びましょう。

また、入会前にカウンセリングや無料相談を実施している場合は是非参加してみてください。ここでのスタンスが高圧的、押し売りなところはまず論外。カウンセラーさんの対応だけでなく、店舗の雰囲気や会員の様子などもチェックしましょう。

(2) 入会時、プロフィールは好印象を与える書き方を

『入会手続きは書類を書くだけだと思っていたら、写真撮影や動画撮影があって、何も準備していなかった…』
『初めに自分で書いたプロフィールではほぼヒットせずでしたが、コーチングを受けて修正したら、お見合い依頼が舞い込むようになった!』

入会の手続きは様々な書類を記入して終了…ではありません。多くの結婚相談所は、この段階で初めに登録するプロフィールの作成を行います。基本情報は嘘偽り無く書くのはもちろんですが、趣味や休日の過ごし方などは書き方次第で印象ががらりと変わります。自分の人となりを表せるような内容を、事前に考えておくと良いでしょう。また、そばにカウンセラーさんがいるなら相談しながら書くのも手です。

写真撮影など見た目の印象に関わるものも同日に行う場合がありますので、身なりもある程度整えていきましょう(事前に撮影日はいつなのか、無料相談などで聞いておいてください)。

(3) カウンセラーとの面談は自分を包み隠さず

『初めの面談で中々自分を出せなかったので、紹介されたお相手は皆ピンと来ず。再度面談してもらって自分のことをしっかり話したら、素敵な方に出会えました。』
『面談してくださったカウンセラーさんが場を和ませるのがとても上手で、気付けば友人にも相談しないような色々なことを話し込んでいました。』

特にカウンセラーさんがお相手を紹介してくれるタイプの相談所の場合、外面で面談しても貴方の本当の姿を理解してくれる人には出会えません。まずはしっかり自分を見てもらいましょう。また、性格によっても今後の婚活の進め方が変わってくると思います。幸い、面談相手は人の性格を見抜き話を引き出すプロですから、カウンセラーさんに心を開き、質問には包み隠さず答えましょう

(4) 紹介・申込があったお相手は生理的に嫌でなければ会うべき

デートの画像

『自分の理想ばかり追い求め、イケメンばかりにアタックして玉砕。せっかく申し込んでくれた人もスルーして、気付けば出会いがなくなってしまった…』
『紹介されたお相手は特に問題はないけど、魅力もそこまで感じないなぁ…と思っていましたが、いざお見合いしてみたら凄く相性が良かった!データだけで判断すると、良い出会いも逃してしまいます。』

せっかくお見合いの話が来たのであれば、積極的に会いに行きましょう!プロフィールの段階ではお相手のスペックしか判断要素がありませんが、実際会えば様々なポイントで相手の良し悪しを判断できます。プロフィールの段階でどうしても受け付けないところがある、というケース以外であれば、お見合いはどんどんすべき。せっかくの出会いのチャンスを無駄にしないようにしましょう。

(5) 交際中に困ったらカウンセラーさんを頼るべし

『私も含め恋愛経験が乏しい方は、交際中に困ったら迷わず相談すべき。一人で考えていても絶対に答えは出ませんが、相談するとすぐに明確な答えをもらえて、目の前が開けます。』
『カウンセラーさんがいなかったら、プロポーズのタイミングさえ逃していたかもしれません。的確なアドバイスのお陰で、無事成婚できました。』

恋愛経験豊富な人でも、相手の気持ちが分からなくて失敗することは多々あります。婚活では一つひとつの出会いを大切に育まなければいけないので、何か気になる、モヤモヤすることがあるのなら早めに解決するのがベスト。こういった時にもカウンセラーさんを頼りにすべき。交際中も結婚相談所には月額費用を納めているのですから、しっかり有効活用してください

(6) いよいよ成婚!タイミングは人それぞれなので、焦らずに

結婚式の画像

『入会からすぐ出会いがあり、お付き合い期間3ヶ月であっという間に成婚しました。あまりのスピードに自分でも驚いています。』
『出会うまでに2年、それから交際期間が約10ヶ月。多忙な彼と中々連絡が取れず悩む日々が続き、ちゃんと結婚できるのかと焦っていましたが、先日ようやくプロポーズの言葉をもらえました。』

スピード婚の口コミを見たり、「1年以内の成婚退会○%!」などを見ると焦ってしまいますが、人は人、自分は自分。しっかり自分と向き合い、お相手と向き合い、着実に愛を育みましょう。周囲に感化されて早すぎるプロポーズをすると失敗しますので、タイミングは慎重に。大切な決断だからこそ、カウンセラーさんに相談するのももちろんアリです。

成婚退会後に控える結婚式…名古屋流の今と昔

名古屋の結婚式と言えば、娘が3人居たら家が傾く、とも言われるほど、とにかく派手…だったのはせいぜい1960年代ぐらいまでの話。現在はある程度の風習を残しつつ、地味婚へシフト&イマドキなアレンジが加わっているそうです。

 
親族のお祝い 結婚式とは別日をもうけて親族内で結婚をしっかり祝う。 結婚式当日のみでも問題ない。
つながりが強い親族であれば、実施しているケースも。
挙式費用 見栄を張り、お金をかけてとにかく豪華、派手に。形ばかりの仲人など招待客も多い。 費用は全国平均とほぼ同じ。招待客は全国平均以下だが、1人にかける費用がその分高め。
演出 入場にスモーク、鏡開きなど派手に見える演出を多々行う。
ショーのような演出も多かった。
現在でも古典的な演出をしたがる方は多い。
新郎2回、新婦3回のお色直しがあるなど、こちらもやや派手目。
菓子まき 新婦が挙式に向かう前に、家の2階から枕ほどの大きさの菓子袋が大量にバラまかれる。 自宅ではほぼ無し。露宴会場で菓子まきを希望するカップルが3組に1組はいる。
嫁入り道具 トラックいっぱいに豪華な婚礼家具を積み、紅白の帯をつけて新居へ向かう。 滅多に見ない。
 引き出物 料理と引き出物で御祝儀をほぼ返すのが一般的。
引き出物、引き菓子に加えて名入れの箸や茶碗、お盆などを渡す。
荷物になるので、カタログギフトが主流に
とはいえ、名入れアイテムを入れたがる人はまだある程度居る。

現在の名古屋挙式スタイルは突出して豪華ではありませんが、料理のグレードが高かったり、引き出物が立派だったりと、招待客へのおもてなしにお金をかけている傾向があります。せっかく名古屋で結婚式を挙げるのであれば、名古屋流のアレンジを加えてみても楽しそうですね。